2019年2月 3日 (日)

今月の絵 -2019年2月-

寒い日が続き戸外でのスケッチの機会が少なくなります。それでも日和のよい時にはしっかりと防寒よろしくスケッチに出かけます。開港記念広場ではどっちを向いても絵になりますが大桟橋を背に教会を描いてみました。もう一点は横浜・三ツ沢にある豊顕寺で日蓮宗の古刹です。この時季、絵を描いている人は周りにだれもいない静かなスケッチでした。

S

S_2


2019年1月 9日 (水)

今月の絵 -2019年1月-

私の生まれ育った街の風景を描きに行きました。東京・本郷の菊坂に今も残る昭和のたたずまいです。手前にある井戸は樋口一葉が駄菓子屋を営みながら使っていたと伝わっている井戸です。二点目は今の家の近くを流れる大岡川を遡りその源流となる氷取沢の風景です。誰もいない静かな森の中でのスケッチでこれが今年の描き初めとなりました。

S_2

03s





2018年12月 2日 (日)

今月の絵 -2018年12月-

絵や写真を趣味にしている人たちのお馴染みのポイントを描きに行きました。一点目は横浜港北区の大倉山記念館で、最近のテレビドラマの裁判所として利用されています。一人静かなスケッチを楽しんできました。次は東京大学の安田講堂に向かう銀杏並木で今を盛りに葉が金色に輝いていました。これを目当てに海外からの観光客で混雑している中でのスケッチですが絵には人の影を数人だけ描き入れて仕上げました。

05s

14s


2018年11月 3日 (土)

今月の絵 -2018年11月-

好天が続いているこの秋はスケッチに絶好の季節で北海道から関西へとスケッチ旅行を楽しみました。そのなかから近江八幡での作品を紹介します。八幡堀をぶらぶらしながら堀に下る石段に何となく目にとまり描いてみました。日牟禮八幡宮の鳥居から白雲館を覗いて見る構図も人気のスポットのようです。

14s


16s

2018年10月 6日 (土)

今月の絵 -2018年10月-

京都の嵯峨野へ行ってきました。嵯峨嵐山駅前で自転車を借り、あちこちの寺院や田園を訪れながらのサイクリングで足を止めては画材を広げてのスケッチです。天龍寺に向かう竹林の道は人気でササッと明暗をデッサンして帰宅して色を付けました。歌にある「京都 嵐山 大覚寺^^♪」の塀と掘割が印象的でゆっくり座り込んで描いてきました。

S

S_2


2018年9月 5日 (水)

今月の絵 -2018年9月-

わが家からさほど遠くない上郷のいたち川を描きました。この小川を下ると大船で柏尾川に注ぎ藤沢で境川と合流して江の島弁天橋の袂で相模湾に入ります。春には随所に桜並木が見られます。二点目は江の島から稲村ケ崎をぬけて鎌倉に向かって由比ヶ浜の黄昏の風景です。鎌倉の街を通り抜け瑞泉寺の裏山を登って六国峠を超えるといたち川の源流に出会います。

S

07

2018年8月 4日 (土)

今月の絵 -2018年8月-

今月の絵は水のある風景です。はじめは北品川に入り込む小さな入江で見かけた遊漁船です。今から出船の準備で周囲のたたずまいとマッチしています。2点目はいつもの散歩道になった舞岡公園の小さな池です。夏の暑さで水面が茶色に染まり蝉の鳴き声が聞こえるようです。

S

S_2

2018年7月 3日 (火)

今月の絵 -2018年7月-

絵になる路地を描いてみました。一つ目は京都・八坂の塔のまわりの路地で絵や写真の愛好者のメッカです。京都は雨模様でも絵になるところが沢山あります。二つ目は横浜の野毛から成田山横浜別院に上る路地裏です。今は旅行者たちの簡易宿泊所が立ち並んだ所となっています。

05s

S



2018年6月 3日 (日)

荻原誠功 水彩画展のご案内

A

B


2018年6月 2日 (土)

今月の絵 -2018年6月-

働く若い人たちが憩う天王洲アイルの風景を描きに行きました。水とヨットとレストランの調和が美しく夢中で画筆を動かしました。描き終わって休んだカフェのコーヒーのおいしかった事。季節を変えてまた訪れたいと思います。

01s

02s

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー