2018年1月 7日 (日)

今月の絵 -2018年1月-

正月は好天に恵まれ鵠沼海からの富士を描きに出かけました。これが今年の「描き初め」です。冷たい強風と波のあいだを若い母親と子供がはしゃいでいたのが印象に残ります。
久しぶりに人物を描きました。新聞広告に載っていた女性の面影を練習の気持ちで描いてみました。

17s

02s



2017年12月 3日 (日)

今月の絵 -2017年12月ー

都会では木々が色付いて短い秋が過ぎ去ってゆきます。仲間と東京大学構内の銀杏を描きに行きました。安田講堂への並木と文学部の校舎の2題を掲載します。東京大学近くの小石川で生まれ育った私には、昔から変わりない風景が懐かしく目に映ります。

08s


10s

2017年11月 4日 (土)

今月の絵 -2017年11月-

那須高原へ行きました。台風一過の好天に恵まれ、スケッチガイドをしてくれるペンション「パレット」のオーナーの案内で思う存分にスケッチを楽しみました。広い田畑と青空に浮かぶ濃い雲の動きはヨーロッパの郊外を思い起こします。そんな風景を次々に描き進め、うち2点を載せます。

03s


08s

2017年10月 1日 (日)

今月の絵 -2017年10月-

横浜市内を流れる大岡川を描いてみました。源流から河口まで車で1時間足らずの短い川ですが、上大岡、弘明寺、南太田、日ノ出町、桜木町といった横浜の古い街並みを流れて横浜港に注いでいます。春には河畔の街に桜の沿道が続きます。今月の絵は、氷取沢の源流付近の清流と桜木町付近で小船が係留する河口の風景です。

S_2

S_3




2017年9月 4日 (月)

今月の絵 -2017年9月-

今年の夏の暑さは尋常でなく、年寄りには外に出るのも命がけです。絵を描くにしても屋内で描けるモチーフを思案したり、かつて描いた絵を描き直したりそれなりの練習の時間が持てました。そこで今月はフラワーデザインの作品を描いてみました。もともと花音痴の私ですがありのままの花より色やトーンに勝手な創作を加えたほうが楽しいです。

14s_2


S

2017年8月 6日 (日)

今月の絵 -2017年8月-

今月の絵は舟2題です。
何年ぶりかで子安運河へ行きました。漁船が並ぶ運河の舟泊まりは何となく夏の気だるさを感じさせるようです。2題目は江の島ヨットハーバーに係留されている友人のヨットを描きました。マリンブルーの似合うこのヨットには時々乗せてもらい相模湾の帆走を楽しんでいます。

03s

Yamato_takeru07s


2017年7月10日 (月)

今月の絵 -2017年7月-

今月は横浜の風景2題です。山手通りはスケッチの宝庫で外人墓地の正面の教会もそのひとつです。海辺におりてみなとみらいに保存されている旧三菱造船所のNO2ドックを描いてみました。造船工学を学んでいた学生時代に工場実習をした建造ドックが保存され当時の面影を残しています。

06s_2


01s

2017年6月 5日 (月)

荻原誠功水彩画展のご案内

01
Photo
02
S
S_2












2017年6月 2日 (金)

今月の絵 -2017年6月-

片瀬江の島には折にふれ時刻にふれスケッチに行きます。弁天橋をわたって東側と西側とでは風景がガラッと異なります。東側にはヨットハーバーが広がり絵にしたいモチーフがいっぱいです。残念なことに間もなく2020年オリンピックの準備でヨットの絵が描けなくなりそうです。西側の海辺に降りると昔からの江の島風情があります。西日が映える冬の風景が好きです。

02s

06s

2017年5月 4日 (木)

今月の絵 -2017年5月-

今月の絵は色彩をほとんど使わない水彩を紹介します。描きたい風景をぼやーと眺めて目に映るトーンと陰影だけをとらまえて一気に仕上げる方法です。描いたのは横浜三溪園の三重塔と江の島へ渡る橋の上から見た片瀬の黄昏です。

12s


S




より以前の記事一覧

その他のカテゴリー